崖・崖・崖 トリプル崖地のご相談をいただきました!

   

四日市市 『難あり物件:崖地』

本件は『難あり物件』の土地の売却を第一目的として、ご相談を受けました。

ほかにも既設民家の解体撤去、既設アプローチ階段や既設ビルトインガレージの扱いについても総合的にアドバイスをさせていただきます。

 

土地の特徴

敷地の内外に崖が大小3か所あり、それぞれについてチェックを行わなければならない難あり上級物件でした!

160622nanbutuoyajit_01

SJ計画1A_H700

 

  • 崖Ⅰ 前面道路側の古い間地ブロック擁壁(高さ3.25m)
  • 崖Ⅱ 敷地内の緩やかな傾斜(高さ約6.5)
  • 崖Ⅲ 裏の遊歩道側に高さ10mを超える崖

160622nanbutuoyajit_02

 

崖Ⅰ

gake1_900

2mを超えるこの崖はかなり古く、許認可の痕跡を見つけることはできませんでした。

よって、建て替える場合は、基本的にはがけ条例に従って水平距離の離隔を行う必要がありそうです。

160622nanbutuoyajit_03

 

崖Ⅱ

gake2_900

こちらの崖?傾斜?については、その勾配が問題となります。

傾斜角度が30°を超えていると、がけ条例の適用を受け、建て替えることのできる範囲が限定されてしまいます。

160622nanbutuoyajit_04

 

崖Ⅲ

gake3_900

敷地外のこの擁壁は新しいもので、開発許可がおりていることが確認できました。

従いまして、建て替え計画には何ら影響を受けません。

160622nanbutuoyajit_05

 

売却のための提案

少しでも土地の個性を前向きな方向にアピールしていくため、宅建取引士としてだけではなく、建築士としての知識と経験を活かし、買い手に興味をもってもらえるような提案を行っていきます。

本敷地は高台にあり、とても眺めのよい立地で、これだけでもかなり魅力的です。

その上、裏に遊歩道があり、そこからの眺めもまた格別です。

yuhodo01_900

このようなロケーションの持つ様々なメリットを、もっともっと積極的にアピールしていきたいと思います。

 

 

 - BLOG, NEWS , , , ,