事例no006 崖地・竹林

   

事例no006_岐阜県岐阜市『竹林生い茂る崖地に建つ平屋住宅 』

006site01

 

竹林生い茂る崖地の難あり物件に、平屋の住宅を新築する計画です。

崖の高低差が大きい上に、竹が密集して生えている、扱いに注意がいる難あり上級物件です。

まずは建設予定エリアの竹の伐採・抜根を行う必要があります。これだけでも一苦労です。

本敷地は岐阜市内の小高い山の中腹に位置しているので、竹の向こうには市内を見下ろす眺望が広がっています。

006photo01

『崖地』・・・崖の上と下2方向で接道している物件です。接道面が1つの物件よりも、上下2か所で接道している物件の方が、駐車スペースやアプローチに選択肢が増えるので何かと可能性が広がります。

『竹林』・・・平場のエリアにある竹と、眺望に支障をきたす竹は伐採・抜根しますが、崖地にある竹はほとんどそのままとします。一般的に竹林は根が張り巡らされ、地盤を強固に固めてくれていますので、それらを残すことで、がけ崩れの発生率を下げてくれます。

006ex01

 

平屋住宅の外観パースです。

崖上に比較的広い平場のある物件なので、その平場部分にそっと木の箱を置いたようなデザインにて計画しています。

道路側にはほとんど窓を設けず、眺望の広がる崖側に大きな開口を設けています。

 

 

崖側から見たの外観パースです。

LDKからつながった縁側ウッドデッキを設けているので、そこに座って眼下の景色を眺めながら、ぼ~っと過ごすこともお薦めです。

 

 

内観パースです。

木の質感を感じさせる心地よい空間を提案しました。

LDKの大開口からは街の景色を堪能することができます。

また一部 吹抜&ロフト を設けているので、より高い位置から眺望を楽しめる上、太陽光を奥まで導き入れることができます。

<建物概要>

  • 構造:木造平屋建て
  • 土地:敷地面積 2,313.20㎡(699.74坪) 内、平場面積 396.69㎡(112.00坪)
  • 規模:延床面積 67.24㎡(20.34坪)

概算費用

  • 本体工事費 1,500万円(竹の伐採・抜根費用を除く)
  • 設計監理費 220万円

    合計(税込) 1,720万円

*上記の概算費用は、詳細な仕様が決定しない状況で算出した当サイトの経験による概算費用となります。従って、工事費用を保証するものでありません。

 

 

 - NEWS, 事例紹介 , , , ,