事例no008 傾斜地・坂道

      2016/08/05

事例no008_愛知県名古屋市天白区『シースルー眺望のある家 』

 

傾斜地・坂道の難あり複合物件に、2階建ての住宅を新築する計画です。

敷地内の傾斜具合は中グレード、坂道の傾斜も中グレードといったところでしょうか。

駐車スペースとアプローチスペースを確保しつつ、少し掘り下げたところを1階レベル高として計画を進めました。

008photo01

 

 

『傾斜地』・・・高低差7mを超える傾斜の勾配は30°未満ではあるものの、上から見るとかなりきつい傾斜のように感じます。

建物はなるべく上の方にレイアウトするよう計画しています。

 

008photo02

 

『坂道』・・・前面道路にも勾配があり 傾斜地×坂道 の立派な難あり物件であることが見てとれます。

平地部分も少なく、道路からすぐに傾斜が始まっています。

平地部分の少ない傾斜地は、工事のためのスペースも確保しにくいので 難あり上級物件 に認定しています。

駐車場は、坂道と平行に停めることで省スペース化を図っているので、サイドブレーキは忘れずにかけていただく必要があります!

008photo03

 

敷地から見た景色です。

マンションや民家の窓が多く、若干視線が気になる方もいるかもしれませんが、距離も離れているので、できるだけ大きな開口を設けて、この開放感を堪能できる計画としていきます。

008ex01

 

道路から見た外観パースです。

玄関は少し下げたレベルに設けており、玄関ホールの吹抜部分の透明ガラスを通して、シースルーで外からも眺望が垣間見える計画としています。

建物の形状は、坂道の勾配と逆勾配の屋根とすることで勾配のコントラストを強調したリズムある外観デザインとしています。

 

 008in01

 

LDKには大開口とテラスを設けることで、眺望を満喫できるつくりとしています。

 

008sec01

崖下からの荷重影響ライン30°よりも、深い位置で建物を支持するよう計画しています。

傾斜によって生まれる1階床下の余剰スペースは、倉庫・趣味室として有効利用を図っています。

<建物概要>

  • 構造:木造2階建て
  • 土地:敷地面積 234.02㎡(70.79坪)
  • 規模:延床面積 107.65㎡(32.56坪)

概算費用

  • 本体工事費 2,750万円
  • 設計監理費 280万円

    合計(税込) 3,030万円

*上記の概算費用は、詳細な仕様が決定しない状況で算出した当サイトの経験による概算費用となります。従って、工事費用を保証するものでありません。

 

 

 - NEWS, 事例紹介 , , , , , ,